ミッドセンチュリースタイルってどんなもの?

 

ミッドセンチュリーとは、ミッド(mid)=真ん中、センチュリー(century)=世紀、つまり世紀の真ん中という意味であり、1950年を中心とする1940~1960年代のことを指します。

またこの時代には、第二次世界大戦の需要産業により様々な技術や新素材が開発され、また工業化発達により大量生産が可能となったことに影響され、多くの才能のあるデザイナー達によって斬新なデザインで機能的かつローコストな家具たちが生み出されました。

この時代を代表するデザイナーには、あの有名なチャールズ&レイ.イームズやアルネ.ヤコブセン、ジョージ.ネルソン、エーロー.サーリネン、ハリー.ベルトアイ、ル.コルビュジェ、ハンス.J.ウェグナー、フィン.ユール、ポール.ヘニングセン、柳 宗理などがいます。

ミッドセンチュリースタイルとはこれらのデザイナーによって作られた家具やその時代の雑貨などでレイアウトされた部屋のことをいい、中高年の人たちにとってなんら新しいものではなく、当たり前に家にあったものですが、若者達にとっては新しいデザインであり、カフェなどで注目されブームとなっています。

【特集!】実際のインテリア家具、雑貨を見てみませんか?

それぞれの家具を組み合わせたコーディネートの仕方をいろいろ見てみると、 より一層イメージが膨らみますよ♪ (サイト管理人 ふじもとより)

インテリア全般のアイテムを見る >>
様々なスタイルのベッドを見る >>
ソファーを基調としたコーディネート >>
ライト・証明を変えるだけで大変身! >>
機能・カラー・柄 カーテンだけで数万種類 >>
雑貨、小物に凝ってみる!? >>
やっぱり収納家具は欠かせない >>