カントリースタイルってどんなもの?

 

カントリーを直訳すると、「田園・田舎」であり、カントリースタイルとはその意味の通り田舎風の部屋のことをいい、田舎暮らしに合ったカジュアルなスタイルの部屋のことをいいます。
クラシックスタイルのような高級感は全くなく、自然素材を使った素朴で温かみのある部屋です。

カントリースタイルにはイギリスやフランスなどのヨーロッパカントリーとアメリカンカントリーの2種類がありますが、どちらの部屋にも共通するのが素朴ななものを使った手作り感溢れる雰囲気が特徴だということです。

ヨーロッパカントリーの部屋の特徴は、イギリス庶民の田舎風の部屋で、オークやパイン素材の家具などにハンドペイントをほどこしてドライフラワーを飾るなど、手作りによるぬくもりのある部屋です。
これに対し、アメリカンカントリーの部屋の特徴は、アメリカ開拓時代の機能性のある荒削りな素朴感のあるインテイアスタイルです。

カントリースタイルの部屋の色調は、木のぬくもりを感じられるブラウンを基調とし、アクセントに黄色や青のストライプを使ったり、トールペイントなどの手作り感のある色味を使います。

【特集!】実際のインテリア家具、雑貨を見てみませんか?

それぞれの家具を組み合わせたコーディネートの仕方をいろいろ見てみると、 より一層イメージが膨らみますよ♪ (サイト管理人 ふじもとより)

インテリア全般のアイテムを見る >>
様々なスタイルのベッドを見る >>
ソファーを基調としたコーディネート >>
ライト・証明を変えるだけで大変身! >>
機能・カラー・柄 カーテンだけで数万種類 >>
雑貨、小物に凝ってみる!? >>
やっぱり収納家具は欠かせない >>